オールセラミッククラウンを利用した差し歯の治療

美しい真っ白な歯に憧れている方も多く、普段の歯ブラシを利用したブラッシングも、ホワイトニングケアが行える歯磨き粉を利用する方なども増えてきています。

ただ自分で行うセルフケアでは自然な歯の白さを維持することしか出来ないため、芸能人のような真っ白な美しい歯を手に入れることはほぼ不可能です。

その理由の1つとして芸能人の多くは前歯や歯全体を差し歯に切り替えている場合が増えてきており、歯の上からオールセラミックなど陶器をベースにした素材で作られたクラウンを被せる治療を行うことで、元々の歯に比べて真っ白で変色しにくい綺麗な歯を手に入れることができるのです。この治療方法は昔に比べて費用もリーズナブルになってきていることから、愛知・名古屋などにある審美歯科クリニックで人気の治療方法として注目されています。

しかし美容目的としたオールセラミッククラウンを利用した差し歯の治療は、保険診療外となってしまい自費で支払いを行う必要がありますので、施術を行う本数に合わせて費用が高くなってしまうデメリットがあります。

また審美歯科クリニックによっては治療本数が増えると、本数に合わせて技術料が加算される特徴があることから、費用も一気に高額になってしまう恐れがあります。

この記事へのコメント