自然な見た目の差し歯が手に入れられる治療

前歯が欠けてしまった、虫歯になってしまったという場合、なるべく自然な見た目に治療をしたいものです。一般的に、歯の根元が残っているという場合には、根本に土台を作り被せ物をする、差し歯治療が行われます。

保険適用で治療を受ける場合、土台や被せ物に使用できる材質が限られているため、より美しい仕上がりにするためには、自費診療を受ける必要があるでしょう。

保険適用の場合、土台には金属が使用されるのですが、この金属が時間とともに溶け出してしまうため、根本部分が黒く見えるなど、審美面で問題が起きがちです。

また、被せ物に使用される材質も、変色や劣化が起きやすいなど、保険適用の治療では、自然な仕上がりを長持ちさせることが難しいといわれています。自費診療なら、より自然で違和感のない仕上がりが可能な、オールセラミックを用いた治療が可能です。セラミックによる差し歯治療であれば、美しく自然な仕上がりを長く保たせることができます。

この記事へのコメント